ブログタイトルってどの程度で妥協していいかわからん
トリックスターと旅行とスワローズ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あのころは泣き虫だったな 変わってないけど
先日、バイト先でレジ打ちをしていると、母と娘(5歳くらいかな?)が買い物に。
エコバック(その存在には疑問符が浮かびますが)を持ってるので、ビニール袋を渡さずにいると、
その娘が、「ちっちゃいのがほしいな~」と言いだしました。
袋のことだと分かったので、お母さんに目配せをすると、いらない、とのこと。
すると、娘が泣き出し、動かなくなてしまいました。
何度か連れて行こうとしても動かないので、お母さんは外へ、娘はそれから5分くらい泣き通し…



あぁ教育だな、と感心するとともになんだか懐かしくなりました。
暑い中、外で頑として動かないお母さん…すごいね。
お客さんA(20代後半くらいの女性)と商品をスキャンしながら、そのことについて話していると、
Aさんも「立派なお母さんですねー」と言って笑っていました。
そのあとに来たお客さんB(おばちゃんとおばあちゃんの間くらい)は、「うるさいわよねー、ほかの人の迷惑…」うんたらどうたらと言ってました。

どうなんでしょう…?子供はうるさいものでしょ?
暖かく見守ってみんなで育てていくものじゃないのかな?
子供が、自分の思いのままにはならないことを気づかせてあげる。
それって根気のいることだと思うんです。

なんか、寛容な大人が少ない気がする。
接客のバイトしてるからか、そう思わされます。

自分が寛容だなんて、そんなことは微塵も思いませんが(短気なんで…)、そうなりたいとは思っています。
う~ん、真面目な内容だww
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://aijin28gou.blog.fc2.com/tb.php/23-9b9fbbe8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。