ブログタイトルってどの程度で妥協していいかわからん
トリックスターと旅行とスワローズ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時計周りの人々
高校に上がったころだっただろうか、とある友人が言った。
「やりきれない」
普段から教室で浮いていることが多いくらい陽気な友人。
元気のない彼の姿を見て――近くの席に好きな女の子がいたこともあって――親身に、
かつ少しだけ大きな声で「どうかしたのか?」と話を聞いた。
すると彼は深刻そうな顔で、好きなバンドがアニソン起用されてしまったことを伝えてきた。
ラストアライアンス(以下ラスアラ)と言う名のそのバンドについて俺は詳しいことを知らなかったが、
彼にもらったオレンジ色の別にかっこよくないバンドTシャツがラスアラのものだった。
「気持ち悪いアニオタどもがラスアラを語り出したら、と思うとテンションが下がる」
ことの重大性を理解できなかった俺は何と答えたのか覚えていないが、
女の子がこっちを見ながら笑っていたとことだけは覚えている。

現在。
俺はPeople in th boxの最新情報でも見てみよう、と検索をした。
このブログでもときおりタイトルに引用させてもらっているし、唯一無二な音楽性に強く心酔していたバンドだ。
俺は言葉を失ったのち、心の中で絶叫した。

アニメの主題歌になっとるやんけえええええええええええええええええええええええ!

いやいや、こんな形で売れてほしくないですし。
他人と違う、一般大衆に迎合しないもの、マイナーがすき、とかそんなわけではないと思っていたのですが、
かなり堪えました。

だってだってだって、気持ち悪いアニオタどもにピープル語られたらテンション下がるじゃないですか!!
なんだよこれ、やるせねえよ。


ちなみに、ラスアラ好きの友人は時を待たずに立派なアニオタになりました。
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。